2017アテネグランDeck大航海旗艦陀のはずみ車の腕時計

大航海旗艦陀のはずみ車の腕時計全体からインスピレーションはヨット、そのグラード分針は更にから索具と帆具操作の啓発-だからこそ、文字盤は柚木し、手作業モザイク配列のようで、多くの旧式の船のデッキ。文字盤は外回りに布を四段飾り扶栏、じゅうに時から伸びる一本の靑いアルミ滑り棒には、その根滑り棒その充当グラード分針、週りの文字盤中部の靑いスピネル分弧型目盛圏に向け、それは帆船の下にけたレバーを索具を升帆一般し、じゅうポイント、2時に、はち点とよんしよ時の滑車とキャプスタンの2本のナノフィラメント制御の分針に向け、分針ろくじゅうときに達する時、私たちを見て千切りキャプスタン回転をゆっくりと分針もどす0目盛位置—約耗费さん、よんしよ秒。

 
このグラード表示はあまりにまぶしく刺すもの時賛なら、私にひゃく人に褒めて、原理はとても簡単で、高校も習った数学原理:楕円軌道にの時から2ポイントの距離と固定長!左右二本の繊維糸の長さのはきっと固定長、ただた国連を設計した2つの小さな車輪を転換して楕円軌道方向、元々分軌道目盛は盤面上に、今した面盤の中央位置。