実写!2019ロレックスの最新の遊覧船の名仕型を全面的に解析する

2019年にはバーゼルの国際時計ジュエリー展がスイスのバーゼルのように行われ、例年になると、ロレックスが何か注目を集めていることが話題になっています。最初に表展が始まる前に、ロレックスはネット上で短いビデオを発表し、人々の新商品についての思いが寄せられた。時計展の前の日、私たちは早く現場に来て、ロレックスの真容を見ていました。その中で、このヨットの名仕型が私たちの目を引き付けた。

2019年、ロレックスは遊覧船の名仕型シリーズを拡張して、新金を出して、42ミリの表殻を組み合わせます:カオイ式のゲイスターの名仕型42(Oyster Tpetual Yach – Maser 42)。新しい遊覧船の名仕型42は、双方向の回転外輪とロブライトブラックCerachromの60分の陶質の字圏を備えており、立体デジタルおよび刻度は、陶磁器の鋳型法によって、それから放光処理を行う。

遊覧船名仕型42は、黒塗りの表盤を採用し、その殻は18 ctの白い黄金によって製造され、ロレックスの遊艦名仕型シリーズが初めて採用された。ユニークなChromall夜光表示で読むことができます。特大のポインタと時計のマークには、夜光物を塗って、長い光を放つ。