2017モンブラン1858シリーズ小秒針腕時計

モンブラン1858シリーズの由来に世紀さんじゅう年代経典美耐華パイロットクロノ腕時計、たまねぎ型表冠、巨大なケースサイズ(44mm)、ブラック文字盤、大聖堂の指針と同じく目立つ夜光塗りアラビア数字に標などがこれらの設計元素も再現して人々の目の前に。この中にさらにドキドキの1か所の設計:モンブランし1930年代が使っていた山のテーマのロゴが、小柄な細い点、完璧な指摘する表項の復古の外観。現代に使う星印は、冠部位に位置する。

 
モンブランを使用しながら自宅のムーブメント(MB 23.03)が、その実はは老成のUnitas /エタ6498型ムーブメントを基にして改造。Unitasのムーブメントはその正確な時や頑丈であることの品質は大きくなって、それに加えて、それで使用したガブリエル録(Incabloc)サスペンション。