バイヤーが必ず見る良い品質の腕時計の選び方

腕時計はどう買いましたか?
実はこれはベテランのファンでさえ、時々困惑する問題です。経済状況、審美意識、ブランド観念、消費レベル及び品位の変化に従って、各時計ファンは多かれ少なかれ自分の選択に対して疑いを持っています。以上の考えに基づいて、多くのファンの経験と教訓をまとめ、新しいテーブルを購入するための基本的な選択方法を提供しました。ここでは、簡単な紹介しかしません。表谜の思考と合致しているなら、それが一番いいです。表谜の考えと违っているなら、読者に多くの指摘をしてもらいたいです。
波士Hugo Bossの腕時計は述べます:品質の選択
一.正確度:大型の時フランクミュラーコピー計店は基本的に腕時計の精度を測る設備があります。条件があれば、店員に飛行機に行って測定してもらうことができます。比較的歩く時に正確な時計を選ぶことができます。
二.外観:主にケースを観察して、磨き跡と打痕がありますか?表面に不純物がありますか?皮のバンドを持つのが好きな友達は、ベルトを交換するのに便利かどうかをスチールバンドの時計の種類を聞いてもいいです。
三.針:首を開けて調整する時、時計回りと分針が12時の位置にある時、再び12時の位置に合わせたかどうかを見てください。
頭:ねじの頭なら、緩めてみてもいいです。糸を滑る現象がありますか?
五.カレンダー:十二点目盛の近くでカレンダーが踊っているか試してもいいです。
六.別添資料:証明書箱がそろっていることを確認し、説明書などの関連付属品を添付し、領収書の提供を要求します。
七.保証:保証の年限を聞いて、グローバル保証などの問題がありますか?