金時計は結局買うに値しませんか?

みんなが注意したことがあるかどうかは分からないが、同じ時計に鋼材と1種の貴金属を併入することが好きで、「双色」の効果を形成している。下図の帝舵青い湾は典型的な例である。

このような表札に対して、表友たちはずっと弾けていた。鑑賞者は、正装と運動の二つの風格をうまく融合させた。

一般的に、間の金の時計はすべて鋼材によって黄金の構成で構成されていて、たとえばオメガの海馬のカウントダウンは同時にチタンの金属と黄金を使った。もちろん、広義的には、間の金表の範囲が大きく、愛人としては、黄金とタンタルの組み合わせがある。貴金属のコストが高いため、この色調の時計は一般的にハイエンドの贅沢なブランドから出ています。しかし、親民のブランドも「機に乗る」:彼らが同じように金表を作っているのは、金めっき+鋼材を採用した形にすぎない。みんなが選んだ時に注意しなければならない。

90年代には、間金表の全盛期として、各大手ブランドが次々と似たようなデザインを出した。今日になっても熱は下がっているが、腕時計市場では小さくない力である。