推薦:ブレゲTradition Automatique Seconde Retrograde 7097

ブレゲTradition Automatique Seconde Retrograde 7097元々は隠しダイヤル基板の下の板橋、歯車、逃げ機構、バネ箱などムーブメント部品はっきり見せ、これにSubscription単指針懐中時計とTactタッチ表項の機械設計に敬意を表する。細部と対称の板橋構造を飾り、時計バランスの視覚効果を増強しました。

 
板橋と底蓋は特殊なハンマー飾処理、こんな装飾工芸が極めて精密な技術と完璧な操作するすべての詳細は、調和と統一。黄金の自動陀を参考にしたあの時期のムーブメントスタイル、手作りで作った玑透かし模様を刻む釘柄は際立たせて、じゅうに時偏心位置のゴールド?銀文字盤。同じこの文字盤がブレゲさんから1799年から制作のタッチが表に。