日本三大腕時計ブランドの一つ——シチズン

シチズン「日係三雄」の一つで、緻密な細工と合理的な価格の多くの日本の若者の好き。として1家の総合型腕時計メーカー、シチズンのタブプロセスを独占した単一部品製造、腕時計の最後の組み立て各工程。超高い品質と絶えずイノベーションを、国際腕時計業界でリードしてきている。

 
シチズン会社の前身は日本尚工舎時計研究所、1918年に創立。CITIZENブランドのカウントダウン製品は1924年、1項の懐中時計。当時の東京市長、後藤新平期待この苦心が開発した「日本製の懐中時計になることができることをCITIZEN、つまり世界全国民に親しみ、が好き」の製品のため、その名を「CITIZEN」。そんな願いを、「シチズン時計株式会社」(CITIZEN Watchされ. Ltd .)は1930年正式に設立。

 
今、シチズンはすでに巨大な多国籍企業となって発展してきた。シチズングループの日本に46社企業は、日本の海外に64支社、世界合計110社の子会社、世界の従業員を超える2万6000人。業務の範囲は時計関連産業のほか、電子機器、通信制品、機械設備などの様々な分野。