アメリカ文化の代表的な腕時計――漢ミルトン

ハミルトンといえば、アメリカ大片の時計が好きな人はすべて知っているはずだ。アカデミー賞のノミネート映画「フロッグマン海底戦』の中で、海軍ダイバーが着用はハミルトン時計。ハリウッド大作『超人帰る』にも漢ミルトンの影。これまで、計300余りの映画の中で現れた漢ミルトン腕時計のレンズ。2014年に大火の「スターを何度もこの時計』にアップ、ほとんどHamiltonの宣伝片。

 
ハミルトンHamilton 1892年に創立したアメリカ、第二次大戦の間、ハミルトンを提供しアメリカ軍人の正確なカウントダウンとなり、アメリカ陸海空三軍の兵士たち専用の腕時計。ハミルトンは以前はアメリカの軍隊の専用表。

 
しかも漢ミルトンと航空も一抹のこと。1919年漢ミルトンの航空腕時計を目撃したアメリカワシントンやニューヨークの間に初郵政航空運航する。その後、さんじゅう年代、漢ミルトンにもなってアメリカトランス・ワールド航空、東部航空、ユナイテッド航空、ノースウエスト航空など複数の商業航空会社の公式指定タイマー。最も輝いた時は漢ミルトン選ばれたものアメリカ海岸就航(ニューヨークまでサンフランシスコ)の指定タイマー、這段は長い歴史を目撃した意味のじゅうご時間にじゅう分の飛行。