手動の上弦と自動的に弦を打つ時は比較的に比較します

この問題を出した人も少なくないが、答えや言い方は違うが、手の上の腕時計というのは、自動的に腕時計をつけて歩くということもある。

この問題は、時計の構造、原理と何方面で具体的な分析をするべきだと思います。構造から見ると、自動的な腕時計は自動的に弦を張るものが多く、他と手に弦の違いがあり、当然の発条構造も異なる。腕時計の精度は主に時計の共振器の安定度によって決められています。つまり、車輪と線で構成された機械の震動機構によって、この揺れの周期は安定して、揺れの周期に影響を与える要因が多いです。例えば、パス系は柔軟になります。並べ幅の変化は、車輪の震動周期に最も影響します。それ以外にも、温度、磁場、衝撃など外部からの妨害要因もあり、良い時計はその影響を最小限に抑えることができる。

理論的に言えば、時計の機心が大きくなるほど、車輪の震動の頻度が高くなるほど、時計の動きが正確になるほど、限られた空間内では、車輪と発条箱が大きくなるが、これは腕時計にとっては大きないいことである。手の上の弦と自動的な弦の腕時計は、ただ多くあるいは1つの自動的な弦のコンポーネントが少なくて、それは直接腕時計の歩く時の精度に作用していないで、それらのマグネットの構造とサイズは基本的に同じ(真珠陀か小陀や発条長の動力の除外)、だから、どの種類のタイプの精度がもっと高いと断定できません。

実際には、腕時計の精度の主要な使用に影響して、その中の発条のトルクは並べ幅に対する影響が最大である。手の上弦の腕時計は、毎日発布しなければならない。落弦の時に配置幅が下がって、歩く時に精度が悪くなります。自動腕時計は定数ではありませんが、腕時計は腕が動くにつれて常に表弦を上げたり、運動量が十分であれば、腕時計は常に満弦状態になっているはずですが、腕時計の精度を高めるのは良いですが、腕の動きが不足していると、出勤して一日中事務室になっているので、腕は腕がいいです水平振れをしていると、上下垂直の揺れをすることが少ないので、自動的には基本的に仕事をしないので、発条できません。このような場合は、手の上の腕時計の精度にも及ばないと思います。