製表大師Phipp Dufourフィリップ・ドゥール

Phrepe Dufourフィリップ・ドゥールは有名な独立制表のマスターである。かつて、Jaeger -リークライン(積家表)で働いていた、AdMarsPguet(愛人)に勤め、1989年には独自のブランドの腕時計を作り始めた。

製表大師Phipp Dufourフィリップ・ドゥール

Phipe Dufourは、スイス時計の揺りかごと中心のValle de Jouxに生まれた。十五歳の時にSentierにある工芸学校に入門し、1967年に製表師となった。その後、Jaeger – LCoulte(積家表)の作業を受け、この期間中には内気な製表の大家Gatelelateliは広博で奥深い製表の技術を習得した。その後、彼はカリブ海に渡り、1974年にスイスに戻り、AdMarsPguet(愛人)とGentalに就任した。

Phrepe Dufour(フィリップ・ドゥール)は、時計工場のやり方は彼の心の性と理想に合わないと思っていたが、ついに1978年に固定した仕事を離れ、Le Sentierの家に戻ってスタジオを開設し、歴史的価値を備えた貴重な骨董品を修復する。家庭の生活を維持しながら、古典的な製表技術に対する鑑賞能力と視野を増進し、諸家の製表大師の芸の精華を尽くした。

創業者

1989年、Phppe Dufour(フィリップ・ドゥール)は自分のブランドの腕時計を作ることを決意した。1992年のスイスBasel表展では、世界初のGrランド&Petit Sonnere Mintater ClopeatchのWatch性能を備えた腕時計Phrepe Dufour GrランドSonneryが、表壇を一挙に驚かせ、注目を集めた。3つの音楽懐表の機軸の技術を濃縮して集結するほか、PHppe Dufour(フィリップ・デュアル)は、筐体と性能の改良を行う。機軸の美しさをさらに完璧に表現した。

1996年、Poipe Dufour(フィリップ・デュアル)が世界初のdouble sle esを搭載した縦横装置のDualリティー時計を発表.