漢ミルトン経典ジャズシリーズFaceにFace II限定版

回転部分の文字盤重外部フレームに包んでのみ、右側の表冠部位や反対側の一枚の見えるボルトとケースにつながっている。表冠の大きさはちょうど良くて、溝式のエッジのデザインはとても人間化して、側面を代表した漢ミルトンの「H」型マーク、表冠の両側は細長いクロノボタン。この表ケース幅53 mm、高さを44mm、全体から上がってきて見て、つけると腕のそれは小編想像の中のそのようなが重くて、主に表耳適当な曲げ弧度と問わずどこに一方と文字盤もお似合いの水色の二重縫合線黒革バンド。

 
まずは時間表示機能の文字盤といえば、色合いが柔らかく、仕事きめ細かいの針金の文字盤と中央の時分針の組み合わせは非常に適切である。文字盤に含まれる機能が煩雑と、小編集で「分区」の方式で説明する。三点位のは曜日暦の窓、粘板岩グレーの背景、白のフォント、非常にはっきりしている。きゅう、く時位に位置するのは半分を占めた文字盤の秒針盤、そして比較的独特のはそれの背景には半透明のによって、後ろの曜日カレンダールーレットの一部を見せて。6時位と12時位は12時間と30分の計時。絵の中から私たちが見ることができて、じゅうに時位のカウントダウン盤から大秒盤と重なる部分で覆われていて、大秒盤自体の下にされじゅうに時間クロノ盤に覆わ一部、このような設計を作成する一種の特別な立体感。