どんなブランドの機械時計がいいですか

今では多くの人が外出すると機械表を選びます。機械表は、時間を見る道具としてだけでなく、身につけている気質とセンスを際立たせることができる。では、どんなブランドの機械表がいいのでしょうか。これも初めて手を買った友達がよく聞く質問です。次に腕時計の家に教えてもらいましょう。

機械表の精度ははるかに石英に及ばないが、石英はほぼ分秒であることができるが、機械表はロレックスを例にしてそれぞれのロレックスが天文認証を経ている――これは一等一類の腕時計でもなかなかできないが、出荷時の精度は+6~- 4 s / 24時間以内となる。また、機械表の抗磁気、耐震性能にも限りがあるので、時計をカウントダウンツールに使うと、正確性を追求して、石英をおすすめします。腕時計を装身具として使うなら、それはどうでもいい。

中低端機械表の推薦友達を購入するつもりで、ティソを推薦して、世界の売上高はその品質の安定性と不俗性の価格比を説明しました。これ以外の美度、ハミルトン、日本精工、西鉄城も良い選択です。

もし中高の推薦ロレックスなら、これによってすべて天文認証を経て、正確性の上で一定の保障があって、2来のロレックスはここ数年の男性の金はすべてパクシロの遊糸で、磁気の耐震性能は比較的に良いですが、普通の遊糸は比較的に磁気を染めやすくて、正確度は大きな影響を受けます。それ以外にも、オメガ、万国、潤海もいいブランドです!