バセロンコンスタンチン:大明火エナメル芸術

この3項の腕時計の中の第一項はブランドを誇りに思っている多種のエナメルの技術を採用した。エナメルでアンドレアース・ゼイラに描いた地図で天体ウスコペルニクス霊感を汲み取って。採用で埋め大明火エナメル工芸製の地球を見せた靑い海や大陸の地形は、限られた空間の中で絵を描くの本当の芸。基底にはゴールド?星空図を背景に、飾りはパステルカラーのエナメル釉。精巧なラインは文字の上の5大天体の運行の軌跡を呈する。各運転天体の代表と星と、冬、夏至点同様、ラテン語の命名。ヴィトンのアウトコースは12星座の図案があって、エナメルペイント。まずはテンプレートれて輪郭を修飾し、更に羽ペン加工でブラシを完成。この文字盤の製作が大きな忍耐と細心で、労働時間に1ヶ月以上、する必要があり、850℃の高温で重ねて焼いて、最後に砥石を磨くと研磨。これらの非凡な製作数世紀以来、優れたジュネーヴ製表伝統を。