どうして時計が左の腕に多いのか

腕時計を腕の内側につけて、右の腕にかける人もいます。長い間、腕時計が正しくないようになります。これはなぜですか。機械式時計の位置に計6方向――「面」(文字盤にに)、「面」、「柄に」(ねじを巻くの頭の上に向けて)、「柄で」、「ろく上」(文字盤にろく字に)と「ろく下」。腕時計が異なる位置にある時、その振幅、周期、周波数はすべて小さい変化が発生することができます。つまり、針道の誤差が違います。ある位置は少し速く歩いているので,ある位置は少しゆっくり歩く。もし、同時に6つの位置も高い精度の時、あんなに構造、工芸の角度から考えても両立しにくいので、設計者を人々の最も常用しか位置精度を前提にデザインを行う時。最も「常用」位置とは、圧倒的に多くの人の表を観察する習慣と、使用時の状態を統計して確定したものである。人々を容易にするためのねじを巻くと時刻合わせ、習慣は腕時計をかぶる左の腕の外側、人々が歩くと立つ時、腕時計が「柄下」の位置を機に向かって仕事をする時、腕時計が「顔」や「ろく位置に」;家や眠る時、多くの人が手を表脱平置き、腕時計は「面」の位置。バスに乗って車をつなぐとき、時計は「柄」の位置にありますが、このような位置は時間が短くて、常に位置している場所ではありません。「面下」と「6」の位置は少ない。腕時計のデザイナーたちは、「面」、「柄下」、「6」の3つの位置を常用位置に定め、腕時計の設計、デバッグ、学校検査及び出荷精度の主な位置として定められています。