130年の表を作成する伝奇の宝の齊莱の2018Baselworld新型を作曲してとりまとめます

2018年はスイスの有名な表を作成するブランドの宝の齊莱の130周年で、今年のバーゼルの時計の真珠や宝石展の上で、ブランドは世界の創始技術の1馬利竜の両外縁陀はずみ車の腕時計(ManeroTourbillonDoublePeripheral)を出して、この光り輝く時間を紀念する、この新作はCFBT3000チップを自製するのを組み立てて、ブランドのずば抜けている技術の造詣を展示します。と今年表展の見得を切たのはブランドの2の大きい傑作がまだあって、それぞれ馬利竜の縁の動力の腕時計(ManeroPeripheral)と馬利竜が時間単位の計算に帰って(ManeroFlyback)の新しい型番を表しを積み重ねるのを飛ぶので、それ以外に好評の愛の徳瑪爾のシリーズ(ADAMAVI)を受けても何モデルもの優雅な新作を付け加えて、腕時計の陣容は更に真っ盛りです。
2018年のバーゼルの時計の真珠や宝石博覧会の上で、スイスの有名な時計のブランドの宝の齊莱は全く新しい馬利竜の両外縁陀はずみ車の腕時計(ManeroTourbillonDoublePeripheral)を出して、新しくCFBT3000チップを自製してブランドのきんでている革新技術の造詣を展示するのを組み立てます。取り上げる価値があったのは、この腕時計の搭載する陀はずみ車の骨組みは伝統陀はずみ車と違う所があって、空中に漂って、世界の第一の会う技術のアイデアです。それ以外に、ブランドもそのシンボル的な外縁を陀が自動的に鎖技術に行って独特な陀はずみ車の骨組みの外縁と技術をはめ込んで結び付けるのを設置するのに並べて、手首の上で並外れている傑作を再生して、来る観賞者に深い印象を残させます。