八万円でどのような正装表が買えますか?

年末年始は、親戚や友人を訪ねたり、忘年会など、公式の場に少し集中する時です。この時はもちろん正装の時計が必要です。この腕時計が好きな友達にとっては、どのように正装の時計を選ぶかにも注意が必要です。今日は予算8万元ぐらいの友達に正装の時計を3つ紹介します。定番の丸い時計、いろいろな正方形の時計、そして貴金属の材質の腕時計はどのように選びますか?私たちは続いて下を見ます。
昨年末、オメガは第5パネライコピー世代星座の腕時計を発売しました。39ミリのケースの直径は前の35、38ミリに比べて圧倒的に多くの人に適しています。そしてディスクの配置と細部の処理において、若い世代と現代的な審美にもっと適しています。ポイントは微妙な変化ではなく、中身のムーブメントです。新しい星座のシリーズの腕時計はブランドの自制する同軸を採用して芯の8800を縛ります。以前は48時間だけの動貯蔵時間が長いのに対して、8800の動貯蔵時間は55時間に達して、同軸に縛られて縦断する処理の上で更に熟しています。また、5万から10万元までのシリーズは全部デザインがあります。個人的にはこの金具は着用者の気質を際立たせることができると考えています。また、金具全体に対しては日常的に着用するのに適しています。