シチズンの腕時計の日本の価格がいくらですか?

シチズン(CITIZEN)はずっと多元の文化の理念を受けてその通りにして、たゆまず頑張りぬいてきんでているの、を求めて力を尽くす革新します。CITIZEN1語は技巧の無限な敬意に対してと私達世界の全体の公民の親しくしたすばらしい願望を表現しました。シチズンの腕時計は機能が実用的なだけではなくて、また(まだ)たくさんの科学技術の元素を溶け込みますと。つやがある電磁波が表すのは中の一つで、国内でとても人気があります。それではシチズンの腕時計は日本でいくらを買いますか?

理論の上で、日本で日本製の腕時計を買って、必ず中国が売るより安いです。関税のこの事がないためです。その次に外人観光客として、大部分の店は免税する特恵を享受するので、日本の今(2012年)の消費税は5%で、買い物をする時は店員にパスポートを提示してください、すぐ割引を有することができます。その他に、日本の多くの商店と銀聯はイベントがあって、上述の割引の基礎の上で、銀聯カードの顧客をこすってまた(まだ)5%の割引を享受するのが。

もちろんその他に1つの事は、腕時計の定価の問題、日本の製品の定価は半分2種類に分けます。メーカーが定価、例えばAppleの製品を指すのです。この売価は店が自分で制御しなかったので、しかし普通は店はこの基礎上で5%―10%の割引を加えて、他のはOpenPriceで、定価はそれぞれの店から自分で決定します。シチズンの腕時計は第2種類に属するべきで、腕時計の価格は商店のから自分で決定します。